個性を発揮する時代

個性を発揮する時代

個性を発揮する時代

一口に居酒屋と言ってもそのタイプは色々様々、多種多様といった感じがします。昔ながらの赤ちょうちんや縄のれんタイプの店から、大手チェーン店のハイセンスな看板や独創的なインテリアを施した店、或いはカフェともバーとも見まがう洋風スタイルの店などが混在しています。これにおでん屋とか焼き鳥屋、炉端焼きなどを加えると整理がつかないほど多岐にわたっています。面白いのはそれぞれが特長を精一杯出している、個性を発揮しているというところです。それは店のオーナーの考えや店の成り立ち、会社の方針などによって違ってくるのでしょうが、お客からしたらそれが選択肢となるから楽しみです。

 

今日は一人だから愛想のいい女将のいる赤ちょうちんへ行こうか、接待だから個室のある落ち着いた上品な居酒屋にしよう、彼女とワインを飲みながら食事をしたいからワイン居酒屋にしようなどと、その日の気分や目的次第で使い分けができるという訳です。また、イキのいい魚料理が食べたい、ボリューム満点の肉料理が食べたい、日本酒をじっくり味わいたい、寒いからみんなで鍋を囲みたいなど、自分の食べたいものや飲みたいものを満たすことができる店を選ぶということもできるので便利です。

 

かつては居酒屋のスタイルは画一的なもので、どこへ行っても大体同じようなものを食べて飲んでというイメージがありましたが、今ではもうすっかり様変わりし、積極的に個性を出している店を多く見かけます。今の時代そうでもしないとお客が来てくれないからでしょう。居酒屋同士或いは他の業態と生き残りをかけた熾烈な競争が背景にあるかと思うと、客の一人として複雑な気分になりますが、更に自分の店の個性を前面に出して欲しいという願いもあります。

 

 

個性を発揮する時代関連ページ

フードメニューの安さと種類の多さが魅力
フードメニューの安さと種類の多さが魅力
日本全国の銘酒が飲める
日本全国の銘酒が飲める
世界のワインが飲める
世界のワインが飲める

ホーム RSS購読 サイトマップ