「ER」と「AL」--Rはアヒル口。Lはぺこちゃん。

「ER」と「AL」--Rはアヒル口。Lはぺこちゃん。

「ER」と「AL」--Rはアヒル口。Lはぺこちゃん。

英語の語尾には「er」と「al」がよく出てきますね。「water」や「total」などですね。これはそれぞれ「わーラ"」と「とーロ゜」と聞こえると思います。これはどうしてでしょう?あるいはどう口や下を動かしたらこのような音が出るのでしょうか?

 

 

 

今回はこのことについて考えて見ましょう。まず「er」です。これは以前説明したように口を「アヒル口」にして舌の根っこを喉の奥に引いて「ぅあ"」と発音します。「R」が出てきたら「アヒル口」と憶えておけば90パーセント間違いありません。

 

 

 

ただ、「room」のように口を丸くする母音が続く場合はそうではありませんが。「water」の場合ストレス、つまり強調するアクセントが前の「wat」にありますから「er」は短く、弱く、小さく発音します。つまり「をぁー[ッデ]+ゥア"」となります。これを速く2ビートで発音すると日本人には「わーラ"」ときこえます。一方、「total」の方は語尾が「L」です。「L」は口をリラックスさせて軽く横方向に開き、舌を前へ押し出します。

 

 

 

すると普通には前歯に当たりますね。大げさにやれば「L」はペコちゃんみたいな口の形になります。「total」もストレス・ポイントが語頭にありますから「al」は弱拍で短く、弱く、低くです。すると「とー{デ}+ぁお゜」となります。

 

 

 

これを日本人が聞くと「とー+ロ゜」と聞こえることになります。「R」が出てきたら「アヒル口」、「L」が出てきたら「ぺこちゃん」です。ぺこちゃんほど大げさにする必要はありませんが、軽く舌先が前歯に当たる様にすれば大丈夫です。ここに書かれた口と舌の形と動きで「water」が「わーラ"」、「total」が「とーロ゜」と聞こえるように練習してみましょう

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ