うぁ"リ゜うぁ"リ゜ぐーッ[デ]。 ( really really good.)

うぁ"リ゜うぁ"リ゜ぐーッ[デ]。 ( really really good.)

ぅあ"+リ゜ィぐーッ[デ]。 ( really really good.)

日本人にとって最も発音が難しい単語、それは何でしょう?色々あるかとは思いますが「really」はとても発音の難しい英単語にトップクラスに入るのではないでしょうか。しかも「really?」と質問形で発音するのはとても難しいと思います。

 

 

 

まず何といっても日本人の苦手な「R」と「L」の両方が入っている。さらに語尾のLLYは弱拍なのに質問形だとピッチを高く上げなければなりません。そこで、今回は難関単語「really」の口と舌の動かし方を考えましょう。

 

 

 

Rは以前説明したように口をひょっとこのように丸くします。その後にEがあるので口を少し横に引っ張って「アヒル口」を作ります。そして舌の根っこを後ろに引いて「ぅあ"」と発声します。この「re」あるいは「er」のアヒル口はRが出てきた場合ほとんどこの形なので便利です。次に「A]ですが口を横に開いて顎を引きながら口を開いて喉の奥に力を入れて声帯を振動させて「ぇあ」と発声します。

 

 

「L」は口を横に軽く開いて舌を前に突き出し前歯を押すようにします。「R」と真逆ですね。そして顎に力を入れて「ぇお゜」と発声します。「Y」は日本語の「い」のように舌の根っこに力を入れて硬く緊張させ「ぇい」と発音します。

 

 

 

つなげると「ぅあ"」「ぇあ」+「ぇお゜」「ぇい」となります。これを2拍で最初の方にアクセントを付けて「ぅあ"+リ゜ィ」と発音します。質問形だと語尾上げになるので最後の「ィ」をブレスに近くなるように高くしかし弱く発音します。一般に、に「er」「re」は一般に弱く短いので素早く舌の筋肉が動かせるように練習しなくては出来ないと思います。コツは「舌を引っ込めてから突き出す動き」を「アヒル口」で素早くできるようにすることです。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ