Vocal と Breath。(う"おーコゥとブぇあ"[フ])

Vocal と Breath。(う"おーコゥとブぇあ"[フ])

Vocal と Breath。(う"おーコゥとブぇあ"[フ])

リズムを正確に表現する時、ボーカルとブレスをはっきり区別することは大切です。ボーカルとはボーカル・カード(声帯:vocal cord)を振動させて出す声です。母音は必ずボーカルで、ボーカルは声帯を振動させて出す声ですので「ドレミ・・」と音程を出すことが出来ます。ブレスというのは声帯を振動させずに発生する小声です。声帯を振動させないので音程を出すことができません。

 

岡崎 英会話

 

多くの子音はブレスになります。日本語の場合、「あかさたな・・・」と「ん」を除いて「子音+母音」の組み合わせでワンセットですのでブレスというものがありませんが、英語には語尾にブレスのみの子音が置かれる事が多いのでボーカルとブレスの違いは重要です。

 

 

 

 

特に強弱、長短によって組み立てられるリズムでは重要です。ボーカルは定常波で一定の音程をキープできるので長い音が可能ですがブレスでは長い音は出せません。「It's good for his cat.」をカタカナ英語で表すと「イッツ グッド フォー ヒズ キャット。」となりますが、ここに出てきた単語の末尾はすべて子音ですのでボーカルではなくブレスです。(ただし「R」だけは半母音といって性格が異なります。)

 

 

 

ブレス音をボーカルにすると強拍のように聞こえてリズムが変わってしまいます。ブレス音を[ ]で表すと上記の英文は「[ッツ]:ぐーッ[デ]フォァ" ヒ[ス]:きゃーっ[トゥ]」となります。「R」の音は口の形を丸く「お」として舌の根っこ、つまり喉の奥でブレス音を出し、さらに声帯を低く振動させ低音のボーカル音を出します。ここでは「あ"」と表記しました。うがいをする時のように口を丸くして舌の根っこで喉を絞って「あ"〜」とやってみてください。日本人以外のノンネイティブが「R」と混同するのは「H」です。これは「R」とよく発音の仕方が似ているのですが、Rほど喉を絞らず声帯を振動させずに高い音で「はっ」と発音します。

 

 

 

区別しにくいのが「white ヲ[ハッ]い[トゥ]」と「write ヲあ"ぃ[トゥ]」です。日本人以外には「light ろぇ[ヒトゥ]」と「right ぉあ"[ヒトゥ]」は全く違うサウンドです。

 

インターネットで英会話の勉強を教えてくれる


ホーム RSS購読 サイトマップ