ひょっとこの母音。O、U、W。

ひょっとこの母音。O、U、W。

ひょっとこの母音。O、U、W。

英語の「O」や「U」の発音は日本人には比較的簡単なようにも思えますが、やはり英語独特の口や舌の構えや動きそこからできる音があります。「O」は日本語の「オ」と同じように口を丸く開いて発音します。その時舌はリラックスさせたままです。音は日本語の「オ」より「ア」に近く「ぉあ」という感じです。「U」はやはり「O」のように口を丸く開けさらに顎に力を入れて「ぉう」と言う音を出します。

 

 

 

下顎または下唇をだすと良いかもしれません。「O」も「U」も前後の子音、母音によって「ア」にも聞こえ「オ」にも聞こえ「ウ」にもなります。「love」や「pot」、「hot」それから「put」、「but」、「lung」などですね。あともう一つ「O」や「U」に似ている半母音に「W」があります。

 

 

 

{お」や「U」が声を出しながら口を丸くして前の方に唇を突き出すのに対し、「W」は最初に唇をひょっとこのように突き出した状態から声を出して「ぅを」と発音します。

 

 

 

単語の頭にある場合は、ひょっとこ状態の口から素早く口を開く動きになります。その開き方は後に続く母音や子音で変わってきます。例としては「what」「want」「woman」「wet」「wit」などですね。逆に単語の語尾にある場合は、素早く口をひょっとこ状態にします。例としては「flow」や「blow」、「stew」などです。これら「O」や「U」そして「W」は自分で発音するのは難しくないと思いますが、聞き取るのは少々まぎらわしいものがあるかもしれません。

 

 

 

文脈で判断するのも一つの手ですが、やはり自分が性格に口や舌を動かす感じで聞き分けできるようになりたいですね。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ