英語の母音:A(ぇあ)E(ぅえ)I(ぅい)

英語の母音:A(ぇあ)E(ぅえ)I(ぅい)

英語の母音:A(ぇあ)E(ぅえ)I(ぅい)

日本語の母音は「あ、い、う、え、お」です。これをローマ字表記すると「A、I、U、E、O」となります。ですからついつい英語のこれらの母音も同じものだと思って発音してしまいますが、日本語の母音と英語の母音はまったく口や舌の動かし方が違います。

 

 

 

特に気をつけたいのは「A」と「E」それから「I」ですね。「A」は口を横に開きながら顎を引き「ぇあ」と発音します。ただし弱拍の時は口を軽くあけて日本語の「あ」とほぼ同じように発音します。「E」は口の横に少し力を入れて「ぅえ」と発音します。この時日本語の「え」のように舌に力を入れずリラックスさせたまま発音します。「I」は日本語の「い」とずいぶん違います。英語の「I」は「E」よりも強く口を横に引っ張り「ぉい」と発音します。{E」の時と同様に発音の際舌に力は入れません。

 

 

 

日本語の「い」は舌に強く力を入れて発音するので「I」と言うより「iy」に近いかも知れません。単語中などにあって弱拍のときは「あ」に近い発音になります。
 

 

また文頭では「私」を表す「I」のように「アーィ」と発音することもあります。例えば「idea」とか「idol」や「identity」、「ideology」などです。前後の子音や発生の強弱によってこの他にも様々な発音になりますが基本的には舌を緊張させず口を横に引っ張る運動だと思ってください。

 

 

 

日本人は英語を習う前にカタカナに対応させられたローマ字を習うのでどうしてもカタカナ・ローマ字発音に成ってしまいますが、それで随分と英語のリズム感が失われてしまうと思います。

 

名古屋でおすすめの英会話教室


ホーム RSS購読 サイトマップ