N(ん)とNG(ん")とNK(ん゜)

N(ん)とNG(ん")とNK(ん゜)

N(ん)とNG(ん")とNK(ん゜)

日本語の場合、最後に子音が来て終わるケースは「n」つまり「ん」だけです。英語にも似たような「ん」で終わる音はありますが日本語よりバリエーションが多いです。英語の「n」と「ng」あるいは「nk」は区別がつきませんね。しかし同じ音ではありません。

 

 

 

つまり口や舌の構えと動きがぜんぜん違います。一般に「n」と「ng」あるいは「nk」は「in」と「ing」あるいは「ink」という形で出来てくる場合が多いですね。「sin」と「sing」、「sink」などです。「in」と「ing」の場合、前置詞なのか進行形なのか区別が付きません。

 

 

 

例えば「Play in the song.」と「Playing the song.」です。文脈から判断するしかありませんね。それではこれらのサウンドはどのような口や舌の構えや動きで発声されているのでしょうか?まず「n」ですが、これは舌を口の天井に付けて「ん」と発音します。

 

 

 

 

日本語の「な行」の舌の位置と同じです。一方「ng」は舌の根っこで息を止めて「ん"」と発音しますこれは日本語の発音にもありますね。「〜している"ん"ですよ。」などと言うときの「ん」です。本来は「〜している"の"ですよ。」の「の」がショートしたものですね。

 

 

 

最後に「nk」のばあいは最後が「K」で無気音ですから周波数の高いブレスなので「いんク」と比較的さいごの「K]が聞こえやすいような気もします。これら「n」と「ng」あるいは「nk」の違いは「playing a guitar」のような文章のリンキングで区別が付きそうですが「k」以外は少々聞き取りにくいかもしれませんし、そもそも「ng」の「g」を発音しない場合もあるようです。「nk」の場合は「think about it」のように「tふぃんカばぅリ゜っ[テ]」のようにはっきり「nk」と分かるのですが。これは自分で口を動かす練習と文脈の両方で判断するしかないでしょう。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ