弱ビートの「t」は「ダ」か「ラ」か。

弱ビートの「t」は「ダ」か「ラ」か。

弱ビートの「t」は「ダ」か「ラ」か。

単語の冒頭に来る「t」は通常無気音の強いブレスで「ツァ!」と発音します。これが文中にくるとリダクション(減衰)して「ダ」とか「ラ」、場合によっては発音しません。正式には弱音の「t」は「d」となります。たとえば「matter」は「madder」となります。

 

 

 

しかし日本人には「まダー」ではなく「まラー」と聞こえます。「water」はブリティッシュ英語だと「わーチャッ」と聞こえますが、アメリカ英語だと「わーラ゜」と聞こえ、本来弱音化による「wadder」が「L」の音に近い「waller」に聞こえます。日本人的には「ダ」と「ラ゜」の間くらいと理解しておけばよいのではないでしょうか。単語中ではなくリンキングなどでも同様の弱音化が生じるのは有名だと思います。

 

 

 

有名な「let it be」は「れ゜リ゜っビ」ですよね。他には「beat it」が「びーレ゜ッ」とか、会話でよく使う「get it」「I got it」はそれぞれ「げリ゜ッ」と「あがリ゜ッ」と聞こえますね。これは「T]も「D」そして「L」も舌を上の前歯に当てて破裂音を出す動きですから区別しにくいのは当然でしょう。破裂音が小さくなるほど「T」>「D」>「L」となります。

 

 

 

ブリティッシュ英語の方が破裂がより強くピッチが高く、アメリカ英語はその逆で破裂の程度が弱く周波数も低いように思います。アメリカ英語の場合「N」の後に来る「T」はそもそも発音しないというのがあります。例えば「internet」が「イなーネッ」とか「winter」を「うぃナー」などです。こういう強ビートか弱いビートかでリズムの流れが相当違ってきますが、これは相当地域差、つまり地方訛りがあるので標準的なアメリカ英語あるいはブリティッシュ英語で憶えるのが無難ですね。

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ