The first of all. 「IR」の発音。

The first of all. 「IR」の発音。

The first of all. 「IR」の発音。

講義や会議の時まず最初に使われるフレーズは「The first of all」です。最初これを聞いた時「festival(フェスティバル)」と聞こえてしまいました。ネイティブスピーカーが話す早口のリンキングによる「空耳」ですね。

 

 

 

日本語風に「子音+母音」の区切りに変えると「The fir s to fa ll (ダ ふぁ す た ふぁ る)」ですね。ところでこのフレーズで一番強調して発音される単語は「first」です。カタカナ表記だと「ファースト」です。しかしこれがファーストと聞こえることはありません。「フェスト」とか「フースト」にきこえます。

 

 

 

実際「ふぁ」に近い音は含まれていません。「first」以外に同じように「ir」が含まれていて「あ行」として表記される単語には「bird」、「girl」、「third」などがあります。ではこれらはどのような口や舌の動かし方で「あ行」で表記される音を出すのでしょうか?

 

 

 

一番簡単な「bird」を例に考えて見ましょう。最初は有気音の子音の「B」なので「ビー」です。次は母音で「I」ですが、これは日本語の「い」みたいに舌を緊張させて硬くさせずに口の横側を横後ろ方向に大きく動かす口の動きです。すると「べー」と成ると思います。

 

 

 

次は「R」ですよね。「アヒル口」で舌を後ろに引っ張って「ぅあ"」とやります。これらをほぼ同時に1ビートでやれば「ブぅあ"」という音がすると思います。そして最後にブレスの「D」で「ブぅあ"[デッ]」と言う音がします。この音がカタカナ表記されて「バード」となっているわけです。「First」、「 Bird」、「 Girl」、「third」も同じ原理です。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ