「TH」は「ハ行のフ」

「TH」は「ハ行のフ」

「TH」は「ハ行のフ」

日本語にはない音で特に日本の人たちがむずかしいと言う音に「th」があります。この「th」の音はカタカナにする時何故か「サ」行で表記されます。そのため日本人が「thank you」と言うとき「sunk you」と言ってしまいます。

 

 

 

するとネイティブ・スピーカーの相手が「ブクブクブク」といって水に沈むまねをしたりしてからかわれてしまったりします。「th」の発音はネイティブ・スピーカーに一番通じにくい日本語訛りかも知れません。では「th」の音とはどんな音でしょう?「thank」で考えて見ましょう。

 

 

 

英語は後ろの方から考えるとわかりやすくなります。「thank」の一番前の文字「t」を取ってしまうと「hank」です。つまり「はん[ク]です。つまり「thの発音は「ハ行」なのです。この「は」の前に「t」が付いているのですが、「t」というのは口をひょっとこみたいにしぼめて舌を前に突き出し前歯や上唇をキックして「ペッ!」というブレスの音、無気音です。

 

 

 

舌を前に出すので自然に口がしぼまると思います。ですから口の形としてはハ行の「フ」の形になります。なので「ハンク」は「ファンク」になります。そして「ファ」と言うときに舌を上前へ押し出し前歯か唇と軽く摩擦させます。

 

 

 

これを「tファンク」と表記しましょう。以上の口と舌の動きで「thank you」と言ってみましょう。それほど難しい動きではないので直ぐできると思います。これでカタカナ英語から脱却したネイティブ・スピーカーにも通じる「thank you」が言えるようになると思います。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ