RE=ER 英語の発音は積分。

RE=ER 英語の発音は積分。

RE=ER 英語の発音は積分。

日本人にとって「er」の発音は独特でまた発音するのが難しい音の一つではないでしょうか?ところで「センター」はアメリカでは「center」と表記しますが、イギリスでは「centre」と表記します。つまり英語では「er」も「re」もほぼ同じ発音のようです。

 

 

 

「子音+母音」パターン言語を話す日本人にはちょっと理解しづらいですね。日本語では言葉の発音を音楽にたとえると「ド、ミ、ソ、」と発音するのが基本なのですが、英語の場合はギターのように複数の音を「ジャラーン」と発音します。つまり英語の発音は時間的に積分です。

 

 

 

別の言い方をすると前の音と後の音を混ぜてワンビートで発音します。「center」は「せ、ん、た、あ」、「centre」は「せ、ん、と、れ」ではなく、両方とも「せんト+ゥア"」あるいは「せんト+ア"」の2ビートなのです。

 

 

「R→E」あるいは「E→R」ではなく「R/E」もしくは「E/R」を1ビートで発声します。この感覚が英語のリンキングの感覚に繋がるわけですが日本人的にはとても理解しづらいですね。「PRE」と「PER」とか「PRO」と「POR」など日本人には区別がつきにくいです。

 

 

 

例えば、「present」は「パあ"ゼント」そして「percent」は「パあ"セント」となります。最初は厳密に区別しようとせずに「英語のリズムは積分」で「ド、ミ、ソ」でなく「ギターのストロークコードのジャラーン」だと思えばヒヤリングもやりやすくなるのではないでしょうか。「present」と「percent」をRの時の舌の筋肉の力の入れ具合を意識して練習してみてください。「RE]の方が「ER」より強くそして短くなります。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ